読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西インディミュージック研究会

関西でインディミュージックについての理解を深めることを目的としたリスナー中心の集まりです https://twitter.com/INDIE_BE

「NYP Favorite Music」の企画の意図について

NYP Favorite Music

今回は界隈を問わず、様々な方々にバンドキャンプNYPのフェイバリットをお伺いしました。
多様な個性をもつ協力者の皆様は、運営に関わる私個人としても非常に世界の広がる体験となりました。

本文の導入の前に、ご協力いただいた方々、そしてご検討いただいた方々、企画を楽しんでいただいた方々、応援していただいた方々に心より御礼申し上げます。実際にお会いする機会がございましたら、その折りに改めてお伝えさせていただきたく思います。

さて、今回この企画は何を意図していたのかという意見も賛否両論いただいておりますが、Bandcampにて、NYPで公開されている作品から、Bandcamp上、さらにはSound Cloudなどで活躍するアーティストやバンドの存在をもっと広めたいと願い、企画を立案いたしました。 Bandcampを少しでも広める上で、「お金を払う」手段に負担のある日本の特性を鑑み、有料の作品ではなく、気軽に触れられて、さらにそれに対して対価を支払うことについて考えていただける契機となればという思いを込めて、NYPで公開されている作品に限定いたしました。

もしかするとこの記事を読んでいただいて初めてその存在を目にした方もいらっしゃるのかも知れません。Bandcampは、今や世界的なインディーミュージック市場のインフラと言って良いでしょう。しかし、日本においては、認知度は勿論のこと、Bandcampでの一般的な決済システムであるPaypalの導入にかかるコストなどが弊害となり、十分に普及しているとは言い難いです。それがいずれ、Amazonで「ポチる」ような感覚で音源を購入できるような環境が用意されることを祈るばかりです。

今回の企画で取り上げたNYPという形式での配信を選択するのはアーティスト自身であるため、リスナーがそれを無料で手に入れることに全く問題はないのですが、良いと感じたものについては「投げ銭」することにもう少し積極的になる必要があるのかもしれません。
普段から京都の三条付近でストリートで音楽をされている方に「投げ銭」について伺ったことがあります。その方は、「日本人はスマホで撮影をしてもお金を払ってくれないけれど、外国人の方々は積極的にお金を入れてくれる」と仰っていました。インターネット上(本件でいうところのNYP)と現実は全く違う場であるとはいえ、「無償で音楽が提供される場」ということに違いはありません。この場で対価の支払いについてどちらが正しいと言明することは控えますが、皆さんの考えるキッカケとしていただければ幸いです。とりわけ、こういったことについて危機感を持ち続けてきたのは「現場」ではなく、ただ習慣付けられて無意識的営みになってしまいがちな「音楽を楽しむ」ということについて一人一人のリスナー(当然私自身も含む)の方々に何かしらを訴えかけることができたのであれば、それ以上は望むことはありません。

それでは近日公開させていただく第四弾もご協力いただいた多様な方々の色鮮やかなレビューと共にお楽しみいただければ幸いです。

NYP Favorite Music【Part 3】

NYP Favorite Music

NYP Favorite Music【Part 2】 - 関西インディミュージック研究会

「NYP Favorite Music」の企画の意図について - 関西インディミュージック研究会

引き続き、NYP Favotite Musicについてお伺いしました。

たくさんの方々が思い思いに綴られた”NYP”へのフェイバリットという切り口から今回もぜひバンドキャンプの世界に触れてみてください。

 

■xPhone tweeted hatenaさん

Human Mirth Tube Unit "SD10 - Human Mirth Tube Unit" (Squiggle Dot) 

きゅっきゅっぽんぽっ
どつぱつぱつつぱ
きゅきゅんぽぽ
ぷわわわーーーんと
ノリノリでお皿を大量の洗剤洗い流していると9次元へワープ。
昔の自分と未来の自分を眺めながらお散歩。
ぺらっぺらな道路の周りにはチープなポリゴンのフルーツがたくさん浮いてるけど
やけに美味しそうなリアリティのある甘い香りがする。。。

正直自分でも何を言っているのか分かりませんが
Human Mirth Tube Unitの音楽は謎空間を
お散歩しているような感覚へ導いてくれます。

今僕がやりたいのは謎空間を召還することなんですけど
それができてるアーティストはカッコいいし素敵だなぁと思います。

 

■jiangshimanさん jiangshiman (@jiangshiman) | Twitter

George & Jonathan "George & Jonathan III"

音に圧を感じさせないノーストレスな電子的シンセに加え、一貫したファンクグルーヴがたまらなく心地良い。平凡なシティライフを思わせる2曲目「jamn」が特にお気に入りです。公式サイト( http://www.georgeandjonathan.com/ )のMIDIを立体的に可視化したページも面白いので是非。

 

■めろんさん melon (@merontodance) | Twitter

$uicideboy$ "Now the Moon's Rising"

ニューオリンズのラップグループのホラーコア。
「Evolution(I love That Movie」って曲名が胸熱。個人的は泣きメロっぽい「Low Key」がベスト。洋ホラーぽい痛快さが心躍らせるNYP作品。

 

■yorosz(よろすず)さん yorosz(よろすず) (@yorosz) | Twitter

Hakobune "love knows where" (Constellation Tatsu)

溶かし込まれた有形無形のあらゆる事象の粒、その乱反射をひと繋がりの“持続”の中に聴きとること。アンビエント/ドローンを聴く喜びを教えてくれる作品です。説明不要の多作アンビエント/ドローン作家のカセット作品。なんだけどデジタル版はNYP

 

■atlasさん  atlas (@atlas_n) | Twitter

Juçara Marçal & Cadu Tenório "Anganga"

昨年Marcio BulkとのBanqueteが話題にもなっていたCadu Tenórioが、女性シンガーJuçara Marçalとのタッグでリリースされた、古い労働歌を再解釈した作品。穏やかながら力強い歌声と荒々しく暴力的なサウンドが素晴らしいです。

 

■dagshenmaさん dagshenma (@dagshenma) | Twitter

daisuke tanabe "achilles"

毎作品、音色使いや作風がとんでもなくハイセンスでチャーミングなdaisukeさん、ほんとに大好きでとても貴重な作家さんだと思います!!!!

Soundclouddagshenma  Bandcamp : https://dagshenma.bandcamp.com/

 

■トリトリさん トリトリ (@torit0ri) | Twitter

Ben Varian "Part Of The Y'all"

テネシーを拠点に活動するBen Varian5作目の作品です。ローファイシンセと間の開け方が心地良いベッドルームポップ。2分~3分で上手くまとめているところと、後半に魅力的な曲を持っていけるところに実力と強度を感じます。

 

■ruさん ru (@rulupes) | Twitter

Percival Pembroke "A Course In The Theory Of Drones"

“A Course In The Theory Of Drones” はヴェイパーウェイヴ周辺のインターネットカルチャーから生まれたような質感でありながらも、縹緲たる宇宙空間を思わせる神秘性を持ち合わせたドローン作品。もしかすると、画面の向こう側に広がるインターネットの世界は宇宙よりも広大だったりして・・。 プラハのコミュニティレーベル〈Genot Centre〉よりPercival Pembrokeの2015年リリース。

 

■Rhucleさん Rhucle (@Rhucle) | Twitter

Various Artist "You are welcome here"

昨年はあまり音楽を聴けなかった中で、色んなタイミングが重なってしまったこのコンピレーションは、夏の残り香と共に2015年の記憶となってしまいました。一番好きなのはShredderghostの"Boundless Meridian"。眠れない夜にループさせてよく聴きました。

BANDCANP : Rhucle  SOUNDCLOUDhttps://m.soundcloud.com/rhucle-1 

 

■ペソさん ペソ (@Telepasea) | Twitter

i dont wanna die in here "i dont wanna die in here"

音楽という名前の小さな魔法を信じ続ける全ての人達に。

NYP Favorite Music【Part 2】

NYP Favorite Music

NYP Favorite Music【Part 1】 - 関西インディミュージック研究会

「NYP Favorite Music」の企画の意図について - 関西インディミュージック研究会

前回に引き続き、NYP Favorite Music についてうかがいました。

序文もほどほどにして、お楽しみください!

 

 

■ナイスショップスーさん ナイスショップスー (@niceshopsu) | Twitter

L'eoscombou couti "lac des psaumes et la moissonneuse-batteuse"

このアルバムについてほとんど何も知らないのですが、初めて聞いたとき、インターネットには知識や文脈を気にせず、ただ自分の鳴らしたい音を純粋に鳴らす音楽がたくさんあるんだと感じてワクワクしました。
今までの自分の価値観が崩れていくような感覚がしてとても気持ちよかったです。

Shop : http://nnnnnnnnnnnnn.web.fc2.com/

 

■舘脇悠介さん Yusuke Tatewaki (@iiboshikeiko666) | Twitter

Turning Torso "Baal EP"

Ñaka Ñakaに続いて旅立っていくであろうメキシコのアンビエント&テクノなホープTurning Torso。何者かになりそうでいて、まだまだ己の可能性をさぐるアイデアとエネルギー発散中な今がおもしろい。2曲目Kikiの「ズボッ」終わりに夢中です。

 

■Niche Musicさん Niche Music (@nichemusic_info) | Twitter

Wazonek "Simple Life"

アーサー・ラッセルが去った年に生まれた男による、ダッド・ロックを目指したバンドキャンプ産ジャングル・ポップの決定版。レイドバックするギター、リズム隊のファンクネス、珠玉のメロディを一人で完遂出来るのに、大晦日リリースという抜け目で世界ほぼ無視のドンマイボーイ!

 

■堀史昌さん (Deadstock Records) 堀 史昌 (@deadstockrecord) | Twitter

ロシアの男女デュオによるモスクワでのライブ。口琴、シンギングボウル、オカリナなど複数の楽器が織り成す複雑さを伴ったドローンは、ラ・モンテ以来の伝統を引き継ぎながら、新たなドローンの形を模索しているように思える

Shop : Deadstock Records 「日本からの注文はPaypalだけでなく、銀行振込も受け付けていますので、お気軽にどうぞ」

 

■Mincerさん Mincer (@djmincer) | Twitter

Strange U "EP #2040"

Floating Pointsが主宰するEglo Recordsからもリリースしているイギリスのヒップホップデュオ、Strange U。ビート、ラップ、モーグのシンセベース、ダブワイズ、どれもが絶妙にズレている様相が不穏な雰囲気を醸し出していて最高にドープ。ノイジーでミステリアスなアートワークやMVも含め、ファッキンイルシット。

 

■bamuletさん bamulet (v.o.c/JJFF) (@bamulet) | Twitter

Be Steadwell "Jaded. dark love songs"

ワシントンDCのクィアポップアーティスト。既にbandcampで数作発表している。タイトル通りのメランコリックなトラック、穏やかで心地の良い歌声とクラシカルな雰囲気も漂うコーラスの重ね方が、全体に抑制の効いた美しさを構成していて非常に素晴らしい。今後が楽しみな存在。

 

■NEWFILEさん NEWFILE (@a_s_3_1_0) | Twitter

Phork "Disc Creparsi"

全体的に掴みどころのない、ただ曲想の断片が現れては移り変わっていく一方で、1曲が長いのでますます煙に巻かれてしまい、終わった後何を聴いていたのかほとんど思い出せない。何故か魅了され過去作買い集めてしまいました。今年もフリーDLのトラック集が出てます。多作な所も良い。

 

■Keita Sekiharaさん  (DEVIATIØN)  Keita Sekihara (@sunuppi1) | Twitter

Volcanic Queen "The Structure Of Hidden Fire" 

フィールドレコーディングやサンプリングコラージュを駆使した美しすぎるアンビエント、ドローン。彼のインダストリアル、ノイズな別プロジェクトであるOpiate Birthも素晴らしい。

 

■NITE BODYさん ??? (@ytrytrtry) | Twitter

jarren "ts-x"

LAのシンセファンク。作品は一貫してひんやりとしたレイドバック感と出処のわからないきな臭さで包まれていて、ロサンゼルスという土地柄を強く感じます。個人的にこういう地元感を匂わせる音楽は大好き。地元感、サンダル履いてるかもだけど。

Soundcloudnite body

 

■V8さん V8 (@8vo8ov8) | Twitter

XOSAR "HOLOGRAPHIC MATRIX" (Not On Label)

Psychic,Occultic,and Contemporary!