読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西インディミュージック研究会

関西でインディミュージックについての理解を深めることを目的としたリスナー中心の集まりです https://twitter.com/INDIE_BE

オススメのレコードショップ【Part1】

オススメレコードショップ オススメ音楽まとめ

 

今回は、タイトルの通りオススメのレコードショップについて 書こうと思います。

基本的にオススメの音楽関係のサイトは当研究会のサイト右側部分のリンクがございます。単にリンクのみでは愛も味気もないので、簡単に紹介文を書いてみることにしました。

全店舗まとめてとなると書く方も読む方も大変ですので、何回かに分けてブログにしていこうと思います。

今回はそのPart1となります。

 

 

では、さっそくはじめましょう…!

 

 

Meditations

 京都の神宮丸太町のあたりに店舗のあるレコードショップです。

日本でも数少ないカセットテープ専用の棚のあるお店です。カセットテープと聴くと古いものを想像される方がおられるかもしれませんが新譜です。最新のアンダーグラウンドの動きを捉えた「攻めた」品揃えが充実しています。限定○○本などは当たり前なので、確実にモノを手に入れたい方は定期的にチェックする必要があるかもしれません。

 

店内はお香がたかれており、縦長の棒のようなスピーカー(超音質)から流れる音楽と合わせて店の雰囲気が醸し出されます。土偶、お香、スピリチュアルなグッズの販売、定期的なインドへの買い付けをされていることからもMeditationsさん独自のカラーがうかがえます。

販売されてるジャンルは、ノイズ、アシッドフォーク、ドローン、サイケデリック、インダストリアル、フリージャズ、辺境音楽などなど、音楽ジャンキーの方々の感涙間違いなしです。また、それらが古いもの一辺倒ではなく、新しいものをどんどん紹介されるのがこのMeditationsさんの一番良いところだと思います。

店員さんも付かず離れずで、ゆっくり選べます。

唯一、気をつけておかなければならない(?)ことは、値札が商品に貼られていないことでしょうか。しかし、それについてはウェブ上ではしっかりと掲載されていますので問題ないと言えば問題ないのかもしれません。当然、直接尋ねることも出来ます。

 

場所は少し外れのビルの二階にあります。そこにたどり着くまでの道のり 、階段をあがる時のワクワク感、扉を開けたときのお香の香りなどは、文字にすることの出来ない体験ですので、これを読んでくださる方々にも一度実際に訪れていただきたいと思います。

 

 

 

BIGLOVE


record shop BIG LOVE

以前に「※ZEST」で店員兼バイヤーをされていた仲真史さんが経営されている東京の原宿にあるレコードショップ兼レーベルです。(※「ZEST」は、80年代後半から90年代前半にかけて日本で沢山の最新の輸入レコードを販売していた当時の渋谷系カルチャーの根幹を担っていたお店です)

 

渋谷系の積極的に過去と決別し、新しい文化を認める思想は現在でも一貫されており、最新のインディミュージックは勿論、実験的なもの、カセットシーンのモノまで幅広く取り扱われています。

 

品揃えを見ると「本当に音楽が好きなんだなぁ…」と思わされることもしばしば…

こちらが想像する以上に音楽が第一に考えられていて、「どうせ商売なんでしょ…?」と思っていると逆にこちらが「ゴメンナサイ…」と言わなければならなくなることも多々あります。

 

「流行ったもの」ではなく、日本中で東京でしか出来ないレコードショップとしての役割、日常よりも一歩も二歩も先にある「これからのもの」を積極的に紹介されているところも素晴らしいです。Pharmakon、Iceage、Youthcode、Girlseeker(どれも友達が多い人は聴かなさそうな音楽) の来日イベントを成功させるなど、単なるレコード販売に留まらず、音楽に関わるさまざまな活動から日本のインディを活性化しようという姿勢が伝わってきます。

最近では、 カセットシーンが徐々に盛り上がる中で、VHS(ビデオテープ)でのリリースをされていたことからも、「これからのもの」を積極的に提示しようとされている姿勢がうかがえます。

YACHT CLUB 'BURNT CREAM' VHS | record shop BIG LOVE

 

BIGLOVEさんは音楽好きかどうかに関わらず、特に「若者」の方であれば是非、一度足を運ばれることをオススメします。若者文化を全肯定する大人の人と触れ合うことはとても良い意味での刺激になると思います。

 

余談ですが、当研究会の「新しい音楽」についての考え方も、他ならないこの仲真史さんの考え方に大きく影響を受けています。

 

 

今回はここまでです。